Notice: Trying to get property 'user_login' of non-object in /home/tako3xyz/film365.life/public_html/app/wp-content/plugins/wordpress-seo/frontend/schema/class-schema-utils.php on line 26

Column

Follow

Search

防水写ルンです「New Waterproof」で夏の思い出を残す

最近では防水スマートフォンも増えてきましたが、電子機器を海や川で使うのはちょっと怖い。でも写真は残していきたいと思ったときに気軽に思い出に残る写真を残せる防水タイプの写ルンです「New Waterproof」。

どこに売ってるの?

防水タイプの写ルンです「New Waterproof」はカメラ屋や、家電量販店、またはAmazonや楽天などで手に入ります。ハワイやグアムなどの海外でも同じものの海外輸出用が売っていました。現地でも購入できるので、ノリで購入するのもありなのですが、探し回るのももったいないのでできれば事前に買っておきましょう。

使い勝手は?

当然ですが防水ケースに入っていて、水が入らないようになっています。水深10mまでの耐水性を持っているので、普通の人の素潜り程度であれば大丈夫なのではないでしょうか。

フィルムを巻く部分が大きくネジ型になっており、手袋をした状況、水中での不安定な状況でもフィルムを巻くことができます。また、シャッター部分はボタン式というより、レバーを引くようになっていまして、これがちょっと逆に手ブレしそうになるのですが、、、きちんと手で抑えながら押せばきちんと撮影可能です。

「New Waterproof」の作例

 

海でつかってみたり

こんな感じではしゃぎながら撮影できます。

海の中。微かにふんわりと、いろんなものが見えます。実はこの青色が好きで、この色を出そうと思っても出せない、そんな色だと思って気に入っています。

潜りながらわしゃわしゃと。

楽しそうに。

撮ることができます。波を前ボケに使うという贅沢なことができるのも防水写ルンですならではといったところでしょうか。

プールで

プールでの作例は1枚ぐらいしかありませんでした。

一眼レフやミラーレスカメラで防水ではないカメラだと濡れる心配や水の中に落としてしまう心配に気を使ってしまいますが、この防水の写ルンですであればその心配もいらないのでいいですね。フィルムで撮影したいのになぁ〜というときに思い切ってこの写ルンですだけで行くのも良いのではないかと思います!

この記事を書いた人

カトウタクミ
名古屋付近に分布。 FUJIFILM X-T2/CONTAX T2 カメラと本とWEBとかで生きてます。

RANKING

人気記事ランキング